Skip to content(本文へジャンプ)

社員紹介

社員紹介

企業内起業家を目指す

イメージ画像 私は学生時代にカナダのトロントへ1年間留学し、バングラディシュやカンボジアなどでボランティア活動などもしてきました。様々な人との出会いがあった中で、何かを生み出す人になりたいと考えるようになり、経営者になることが私の将来の夢になりました。
就職活動を進める中で、「企業内起業家を目指す人材」を求めているフジテックスに出会い、この会社なら自分の夢を叶えられると感じて入社を決めました。
現在は環境事業部に所属していますが、フジテックスではお客様に対して提案できるものは一つではありません。環境、販促、人材、健康と、様々な事業部があり、お客様の事業を深く理解しニーズを予測できれば、多様な角度から価値を提案できるところがこの会社で働くことの魅力だと思います。

周囲から必要とされる人間になりたい

新規契約をいただいたお客様から「こういう商品は扱っていないの?」「これ探せる?」などのご依頼をいただくとき、自分が商社マンとして信頼されていることを実感でき、「もっと周囲から必要とされる人間になりたい」と強く思うようになりました。そのためにも情報収集には特に力を入れています。新聞や雑誌、インターネットはもちろん、お客様との会話からも常に情報を得るようにアンテナを張っています。お客様から「彼に何か聞けば、必ず答えを出してくれる」と思っていただければ、それが信頼関係の一つになると思いますから。
先輩方が開拓できていない業界や会社と新規で契約が結べたときは大きな達成感とやりがいを感じることができます。

小さな成功体験を積み重ねていく

お客様にある機械を納品した際、試運転時にトラブルが発生し、いくつか手直しが必要になってしまいました。その際には上司や先輩社員が迅速にサポートしてくれて、会社のバックアップ体制をありがたく思うと同時に先輩方に感謝しました。
学生時代にサッカーをしているときに出会った言葉が「ピンチはチャンス」。なかなか試合に出られない時期にも、支えになってくれた言葉です。社会人になってからもこの言葉には何度も助けられました。これからも大切にしていきたい言葉です。
今後は細かな目標を立てて実行し、小さな成功体験を積み重ねていくことで、イキイキと仕事をしていきたいと考えています。自分の中でいつまでにやると決めたことは、必ずやりきるようにして、小さな過程を大切に積み重ねていけば結果は必ずついてくると信じています。
将来的には世界規模で複数社をマネジメントできるような経営者になるために、3年後にはまず海外に携わる仕事を担い、10年後には一つの事業の経営者になっていたいと考えています。
会社にあるインフラをフルに活用しつつ、社会の課題やお客様の課題を解決することを意識して仕事に取り組み、夢を現実のものにしていきたいと思います。