想像を超えるスピード感、
自分をどれだけ成長させられるか。

販促事業部
2017年度 新卒入社

就職活動を始めたとき、軸としたのは
「どれだけ自分が成長できるか。」

学生時代は、部活動やゼミナール活動、体育会系団体でのグループ活動を両立していました。慌ただしい日々でしたが、本当に多くのことを経験できた大学生活でした。就職活動を始めたとき、軸としたのは「どれだけ自分が成長できるか。」ということでした。まずは自分が成長しなければ、社会に貢献したり、大きなことを成し遂げることは出来ないと思ったからです。

あとは、社会人になると圧倒的に仕事の時間が多くなるので、どうせなら楽しいと思えるような仕事がしたいと思っていました。



100事業構想の考え方や、
新規事業に積極的に取り組む風土に興味

もともと商社に興味があり、1Dayインターンに参加したことがきっかけでフジテックスを知りました。ビジョンとして掲げている100事業構想の考え方や、新規事業に積極的に取り組む風土に興味を持ちました。就職活動では志望度の高い企業を厳選して受験していたのですが、その中で最初に内定を頂いたのがフジテックスでした。選考では、面接だけでなく営業同行をして実際の商談に同席させてもらったり、社員と話す機会を設けてもらったりと、会社のことをよく知ることができました。その過程で、私の考えやパーソナルな部分をよく見ていただいていたと感じていましたので、迷いなくここで働こうと決心しました。




かなりスピード感のある職場だろうとは思っていましたが、
想像より本当に早いです。

実際に入社をして、正直にいうとギャップはありました。少数精鋭の組織なので、かなりスピード感のある職場だろうとは思っていましたが、想像より本当に早いです。「まだ一年目だから・・・」ということはなく、一人のビジネスマンとして『考えて動く』ことを実践しながらも、スピードや正確さなどテクニカルな部分も求められます。複数のミッションを同時に進めていくことが難しいです。




学生の皆さんからすると小さい事に感じると思いますが、
これが嬉しいんです

日々の仕事の中で、やはりお客様から感謝されたり、褒められた時が一番嬉しく、やりがいを感じます。名前で呼んでいただけたり、お願い事をされた時など、学生の皆さんからすると小さい事に感じると思いますが、これが嬉しいんです。なんとか期待に応えられるよう頑張ろうと思えます。

今は社会人1年目として、お客様をはじめ、会社や上司から教えてもらっている状態です。一日も早く周りに貢献できるようになりたいです。その為にはまず確実に目標を達成させます。スキルを磨き、お客様へより良い製品を提案できる力を身につけます。そして、ゆくゆくは自分で事業を展開していきたいです。まずは一日一日を大切に積み上げていきたいと思います。



TOP INTERVIEW

MEMBERS