「まずやってみる!」の精神で
前例のないサービスをつくる。

販促事業部
2012年度 新卒入社

若くして活躍する先輩に憧れて入社。

フジテックスに入社した理由は、若くして活躍できる風土があると感じたからです。会社説明会や面接を通して、非常にエネルギッシュな先輩が多く、学生ながらに「仕事に責任とプライドを持って取り組んでいるのだな」と思いました。私自身、早く実力をつけて30代で大きな成果を得たいと考えていたので、既に20代で重要なポジションに就いているという先輩の話を聞いて、憧れを抱きました。ただ同時に、憧れるだけでなく、『自分もここで働き活躍できる』というイメージも持てました。



「まずやってみよう」
そんな空気のある社風。

入社してから約5年間、販促事業部で営業をしています。法人のお客様が多く、あらゆるセールスプロモーションのツールを販売しています。お客様の課題やご要望に対して、商社として最適な製品を探していくため、提案の幅はとても広いです。新入社員当時、研修のジョブローテーションを通し、先輩から製品知識や会社・社会について学ぶことからスタートできたので、入社3か月後には一人でお客様に提案ができるようになっていました。

「まずやってみよう!」という企業風土なので、今まで会社で取り扱ってこなかった製品やサービスも、顧客の課題とあれば、自ら市場をリサーチして導入し提案することができます。これは、フジテックスに入社していなければ味わえない醍醐味だと思っています。




6年連続の目標達成を目指して。
問題に向き合って、努力をしていける人と働きたい。

目標は、6年連続の目標達成です。入社以降、毎年目標を達成してきているので、今期も目指します。経験を積んで、新しい商材の開拓ができるようになってきたので、それを新事業部として確立したいとも思っています。また、若い世代でアイディアを出し合える環境を、自分が中心となって、さらに活性化させていきたいです。

これからフジテックスに入社する方には、「意欲的な人」であってほしいと思います。私自身、初めは仕事を上手く進められず、なかなか成果をあげることができませんでした。しかし、上司や先輩のスキルを真似て、「自分もできるようになってやる!」と強い気持ちを持って取り組んできました。最初から成果を上げるのは中々難しいですが、できるようになるために問題に向き合い、努力できる人と一緒に仕事をしていきたいと思っています。



TOP INTERVIEW

MEMBERS