いつか、人と社会の役に立つ、
経営者になる。

物流事業部

新卒入社3年目




「経営者になりたい」という思いを

はじめて受け止めてもらえた。

大学が外国語大学で英語専攻だったこともあり、語学学習とともに海外の文化、ビジネスについて学んでいました。就職活動中は、漠然と将来的には経営者になりたいと思って活動していたのですが、面接などでその目標を伝えると、あまり反応は良くなく、何社か連続で落とされていました。フジテックスの最終面接でも、はっきりと「経営者になりたい」と言いました。その想いに対して、初めて共感してもらえた会社だったので「ここで働こう!」と決意しました。



業界を変えていきたい。

その気持ちがやりがいにつながっていく。

現在は物流事業部で働いています。物流倉庫向けシステムの営業、人手不足を解決する省人化システムの製品開発などに携わっています。物流業界の人手不足など、様々な課題を解決するための製品開発や、お客様の役に立つ情報を配信するコンテンツ制作などは「業界を変えよう!」という気持ちで取り組めるので、やりがいを感じています。





毎日が、ビジネスモデルの研究になる。

フジテックスは商社なので、本当に様々な業界の役職者の方に会う機会があります。そこでいろいろなビジネスモデルを研究して、社会の一翼を担う新たなビジネスモデルを作りたいです。働き方に関しては、より利益に直結する動きのみに集中できるようにしたいです。まだ改善すべてき点は沢山あると思います。そして、将来は人の役に立つ経営者になりたいと思います。個人的には「地方創生」に興味があるので、地元岐阜県と東京都の賃金レベルを同じにできるようなビジネスモデルを作っていきたいです。





TOP INTERVIEW

MEMBERS