“自分の仕事を自由に決める”

商社流・人材のプロとして、社会にカルチャーを創り出す。

新卒入社 5年目

人材コンサルティング事業部




チャンスが多い。事業の幅が広い。

いちばん成長できると思えるフィールドがあった。

「様々なジャンルの仕事に触れられる」「チャンスを多くもらえる」という2点が商社フジテックスに入社を決めた理由です。学生時代から人当たりの良さには自信があったので、就活中は人と話す機会が多そうな営業職を中心に受けていました。

営業職の中でも、何か一つの製品を売り続けたり、一つの業界で生涯働き続ける未来がいまいちイメージできなかったので、様々な事業があって、新事業の開拓にも積極的に取り組んでいるフジテックスに魅力を感じました。また、フジテックスであれば、組織が完全に出来上がっている大手企業よりも、早く、また多くチャンスをもらえると思ったのも大きな理由です。その判断は間違っていなかったと、日々の仕事を通して実感しています。



「社会をより良くする」ことがビジネス。

だから仕事が楽しくてしょうがない。

もともと興味を持っていた環境業界の人材コンサルタントとして働いています。環境業界専門の人材紹介サービスを行っており、企業の欲しい人材と、転職希望者をマッチングする仕事です。企業側からは欲しい人物像や募集している背景、会社の良い点・悪い点を詳しくヒアリングします。一方で転職希望者からはどんな企業を探しているのか、そもそも転職したい動機はなんなのか、さらにはどんな人生を歩んでいきたいのかを、具体的にヒアリングし、双方をマッチングした上で、企業に紹介します。

人材紹介業の中でも特に、役員クラスのエグゼクティブ人材を紹介する仕事が非常に面白いと感じています。環境エネルギー業界は、良くも悪くも成長途上の業界であるため、クライアントの中には魅力的なサービスを出している反面、組織としてはまだまだ未熟な企業も多々あります。そのような企業のトップに、経営を考えられる右腕人材を紹介し、より堅実な企業に成長していただく、といった仕事です。

業界的にも非常に影響力のある人材を紹介するため、経営者から直接感謝されたり、紹介したエグゼクティブ人材の影響でその企業が成長して社会にインパクトを与えている様をダイレクトに感じることができます。自分の仕事の社会貢献性の高さを常に実感できる毎日です。今、仕事が面白くてしょうがないです。

最高だ、と思える仕事に出会える社会へ。

その理念をまずは自分で実践すること。

「一人一人が、最高だと思える仕事に出会い、生活していける社会」を創りたいと思っています。漠然とした目標にも思えますが、これだけ多種多様な仕事が世の中に生まれ、ITの発展であらゆる仕事をどこでもできるようになり、副業推進、働き方改革など、時代は確実に個人が自立して仕事を行える方向に進んでいます。

そのためには現在行っているような人材コンサルタントとして、一人ひとりの心を動かすスキルはもちろん、社会全体に「自分の仕事を自由に決める」というカルチャー自体を創り出さねば、自分自身がこの時流の当事者にはなれないと考えています。



商社で働く人材コンサルタントの醍醐味。

枠にとらわれず、本質にこだわるということ。

商社フジテックスには、複数の事業があるので、もちろん、周りにいる社員は多種多様な業界を相手にビジネスをしています。人材コンサルタントは、とにかく引き出しの多さが信頼獲得の要になるため、自分が携わっていない業界の話は非常に有益な情報源になります。これは、商社で働く人材コンサルタントならではの醍醐味だと思います。

私は入社して5年目になりますが、フジテックスは常識にとらわれず本質にこだわる社員がそろっていると実感します。どの事業部も、どの社員も、「相手の本当に欲しいものを提案すること」を徹底的に考え、行動しています。私自身、これこそ本質的な考え方だと思っており、ここにに楽しみを見出してもらえそうな方と一緒に働きたいです。

私の尊敬する上司も、顧客の声を真摯に受け止め、相手の想像を超える提案を常に行っており、その結果、顧客からも信頼され、いつも大きな仕事に取り組んでいます。何よりも上司が自ら実現すると、部下も自分もできると本気で同じ仕事を取りに行く好循環が生まれます。私自身もこのようなカルチャーを受け継ぎ、成し遂げることのために意見をぶつけ、チームで成長していきたいと思っています。



TOP INTERVIEW

MEMBERS