海外経験を活かし、
アメリカの事業開拓に挑戦。

新卒入社2年目

エネルギー事業部




海外のエネルギー事業を担当。

20代でこそチャレンジを。

現在は、主にエネルギー事業関連商材(太陽光パネルや、風力発電機)の部材を事業主様へ提案・販売を行っています。若手にも裁量が与えられ、20代でより多くの経験を得られることが、フジテックスの特徴のひとつです。むしろ、自分でチャレンジしなければならない環境であるとも言えます。また、複数の事業があり、常に連動しているので、一つの会社にいてより多くの業界に携わることができ、どこでも通用するビジネスマンとしてのスキルを身につけられると感じています。20代で成長するためにはとてもいい環境だと私は思います。



異文化に触れることが好き。

それをビジネスにしていく。

大学在学中に、一年休学してカナダへ留学しました。そこで様々な国の友人が出来、様々な文化に触れることができました。その後も、カリブ海、ヨーロッパ、アジアと計15カ国以上旅行し異文化に触れてきました。その経験がとても楽しく有意義だったので、社会に出たら必ず海外に関わることを仕事にしようと思いました。

今まさに世界に挑戦しようとしているフジテックスであれば、海外事業に取り組めると考えて入社を決めました。当時から海外事業に挑戦したいと希望を出していたのですが、入社2年目に、ついに海外事業部の立ち上げが決まり、担当しているエネルギー事業の海外ビジネスに中心メンバーとして関わるチャンスが巡ってきました。

2016年12月に、アメリカに本社がある小形風力発電機メーカーに訪問しました。日本国内の代理店としての立ち位置を確保するためです。自分が受注した製品をより良い条件で仕入れられるように、会社の代表として交渉に携わりました。初めてとても大きな案件を任され、非常にやりがいを感じる仕事となりました。



チャンスにあふれた「世界」で

挑戦するビジネスマンへ。

日本と海外では、ビジネス上でもさまざまな文化の違いがあります。そこが私たちにとってのビジネスチャンスでもあり、日本の優れた製品はもっと海外で販売していくことができるものだと確信しています。

これからは自分の経験を活かして、より一層、海外販路を開拓していきたいと考えています。海外の市場に、日本の製品はもちろん、世界中の優れた製品を販売していける人材となり、世界で活躍できるビジネスマンになりたいと思います。



TOP INTERVIEW

MEMBERS