interview

#!
#!

理系の就活から一転、選んだのは商社のフィールド

鹿児島で生まれ育ち、小学生の頃から野球漬けの毎日を過ごしていました。 大学進学を機に上京しましたが、学生時代を振り返ると、特にこれといった将来の夢はなく勉強とスポーツに打ち込む日々でした。
就職活動では理系ということもあり、当初システムエンジニアなど技術職への就職を視野に入れていましたが、 一つのことを突き詰めていくより、より多くのことを知り、より多くの経験をしてみたいと思い、 商社への就職を考えるようになりました。 専門商社が圧倒的に多い中で、フジテックスは幅広い業種業界へのアプローチが可能であり、 仕入から企画、販売、フォローまでの全体の流れを若いうちから経験が出来るという点が、自分の希望と合っていました。

#!
#!

新鮮な視点でチャレンジすることに価値がある

入社してからは、想像以上に任される会社だな、と思いました。 会社の大きな方針や営業戦略については指示が出ますが、具体的なアクションプランは個人で決めることが出来ます。 それは年次、役職に関わらず全社員が対象となりますので入社してすぐの新入社員も同じです。 経験がない状態で仕事を任されるのは、当然リスクもあります。 もちろん上司や先輩社員がしっかりフォローしていきますが、「知らない、分からない」からこそ気づける課題や問題点もあり、 それを乗り越えることで成長があります。 日々変化する社会情勢に柔軟に対応するためには、<先入観・固定概念>は一番の障壁になりますので、 新鮮な視点でチャレンジすることには大きな価値があると思っています。

#!
#!

九州への転勤から得たこと

入社してこれまでに二度の転勤があり、東京本社と九州本部を経験しました。 転勤はマイナスイメージが多いと思いますが(笑)、実際に経験してみて、私は良い経験を積むチャンスだと思います。 東京本社と地域本部とでは、お客様はもちろんですが、社内の雰囲気も違います。 九州に転勤した直後は『打倒東京本社!!』と東京に負けじと数字や案件の大きさだけにこだわっていました。 しかし、地域本部の特長でもあるきめ細やかで質の高い営業体制や、営業だけでなく管理部やWEBチームも一体となり、 本部全体でお客様により良い製品・サービスを提供していくんだという姿勢に刺激を受けました。
また、東京本社に比べ当然人数も少ないので、全ての本部に全ての事業部の営業が在籍しているわけではありません。 なので、自分の所属ではない他の事業部案件を対応することも多々あります。 実践を通して様々な業界や製品知識が身につくため、あらゆる角度からお客様の課題を解決する力が高まったと思います。

#!

東京へ戻り、次のステージへ

5年目になる今年からは、再び東京本社に戻り、部下とともに特販事業部で業務にあたっています。 特販事業部はフジテックスで国内総代理店を取得している海外ブランド製品の販売管理と、流通小売業への製品卸を担当しています。 これまで、販促物を作成するための材料をお客様に販売してきましたが、 次のステップとして小売店や通販サイトを運営するお客様に販売するための商品をOEM生産したり、 NB(ナショナル・ブランド)として卸していく仕事をしています。
仕事内容が変化していく中でも、やはり一番のやりがいはお客様から 「ありがとうございました!」「助かりました!」と感謝の言葉をいただけたときです。 どんな些細なことでも、お客様の役に立つことが出来たか?
ビジネスパートナーとして頼りにして頂けているか?常に顧客視点で日々の仕事に取り組んでいます。

商社ビジネスを、変化を楽しむ。

今は、商社として新しいビジネスに挑戦し続けることで自己の成長にも繋げていくこと、が一つの目標です。 社会の変化とともに、商社フジテックスも変化していきます。その変化を楽しんでいきたいと思います。

私は、就職をする上で、「自分のビジョンを明確にし、それを叶えることが出来る会社かどうか?」という視点が大切だと思います。 なぜなら、社会人になると仕事に多くの時間を費やすことになるからです。人間関係や生活環境にも多大なる影響を与える仕事選びは非常に重要です。 自分をどうアピールするかも大切ですが、自分がどうなりたいかをしっかりと見つめ直し、 それにフィットする会社を選ぶことが一番大切なのではないかと思います。

#!
#!
#!

OTHER INTERVIEW

TOP #!